ブランド誕生秘話

ブランドヒストリー"



トップアスリートの皆さまにも愛用されている
アクティバイタル フットサポーター。


この商品から
Activital(アクティバイタル)の
誕生秘話は始まります。


私たちはこの商品を「靴下」ではなく、
「フットサポーター」と呼びます。
なぜならフットサポーターの誕生には、
現在でもサッカーを愛してプレーする
Activitalブランド開発者、
『足首社長』の実体験と
強い想いが込められているからです。





10年前、足首社長は
足首に大きなケガをしました。


試合中、相手選手の悪質プレーで
足首の三角靱帯を断裂してしまったのです。


気がつけば、くるぶしの下に大きな異物が…
痛みもどんどん酷くなり、歩くのも辛く、
プレーする時には、痛みが麻痺するまで
涙目でウォーミングアップ…


チームメイトや監督にバレないように
我慢し、自分をごまかし続けた結果
プレーの質が下がり、運動量も落ちて、
毎週末が怖いと感じるように…


プレーした翌日はもう歩けないほど痛く、
ベッドから出るのも嫌になるほどで
『このまま一生、この足首で生きていくのか?』
と悩む日々が続きました。


そんな時、フットサポーターの
特許技術を持つメーカーから
製品の開発を打診されたのです。


足首社長が半信半疑で試作サンプルを履くと
靴下では作れないしっかりとした
サポート感があるのにも関わらず、
足首の動きが全く邪魔されなかったのです。


さらにプレー後の痛みや翌日の腫れも
これまで経験しなかったほど楽に。


それまでテーピングやバンテージ、
数多くのサポーターを試してきた足首社長。


しかし、足首間接の可動域を妨げられたり、
固定感からボールタッチの感覚が損なわれたり、
時には固定されていることで
逆にケガが酷くなったり…


納得のいくサポーターに出会えず、
たくさんの試行錯誤を繰り返してきた
足首社長には試作サンプルの履き心地は
奇跡のような体験でした。


3ヶ月ほど使い続けるうちに得られた
足首の変化に深く感動した足首社長は
特許を生かしつつ、自身が救われたモノを
『皆さんに届ける事は使命なのではないか?』
改良を続け、製品化する事を決意しました。


ブランドヒストリー"

そして発売後、
自身でもプレー時には必ず着用し続けて2年、
歩くのも辛いほどの激痛で苦しんだ足首が
しっかりサポートされ、
満足するプレーが出来るまでに回復。


さらに、
日本サッカー協会主催の全国大会で
優勝を果たし、日本一も経験しました。


この実体験を経て、
一般生活者からアスリートの方々の
コンディショニングとリカバリーを
サポートする製品の開発を続けるべく、
当ブランド
「Activital(アクティバイタル)」
は誕生しました。